茶麹 癌

茶麹は癌(がん)対策に良いと言われている真実

茶麹の効果や口コミを読んでいると、「茶麹は癌に効果がある」という書き込みを見かけたことがあります。

そんな書き込みを見ると、何だか怪しそうに感じてしまいますよね。

「癌(がん)に効果がある」、「癌(がん)の対策になる」という風に謳われている商品は世の中に沢山あります。

しかし、残念ながら癌(がん)に直接効果があるサプリメントはこの世にありません。

「茶麹は癌に効果的です!」と大々的に謳っているのは、癌に苦しんでいる方や癌になりたくない方を騙そうとしているからです。

茶麹は癌に効果的なのは理にかなっている?

茶麹 癌
「茶麹は癌に良いと謳っているのは騙そうとしている人たちだ!」と真実をお伝えいたしましたが、実は理にかなっている部分もあります

癌(がん)対策や癌(がん)の治療法は現在の科学で解明されていない部分が多いのは確かなことです。
しかし、癌(がん)に関する研究は日々進化していて、新しい情報がどんどんわかってきました。

まず始めに、あなたの体の中では毎日3,000~6,000ものガン細胞が生み出され続けています。

「ん?そんなにガン細胞が生み出されていたら、私は既に”がん”になっているのでは?」と不思議に思っていませんか。

実は癌が発症しないのは、私達の体の中にあるNK細胞と呼ばれる細胞が、ガン細胞を食べてくれているからです。

【NK細胞とは?】
NK細胞とはナチュラルキラーと呼ばれている細胞のことです。
「ガン細胞」や「ウィルス感染細胞」を攻撃するリンパ球で、生まれながらにして人間に備わっている防衛機能の一つ。

最近の癌についての研究で、NK細胞は年をとるに連れて減ってくることがわかってきました。


NK細胞が減ってしまうと癌になりやすくなってしまうため、ガンの予防対策にはNK細胞を増やしてあげることが要です。

茶麹が癌の予防対策に良いと言われている理由

茶麹 癌
NK細胞を増やして、活発にさせる方法が癌の研究結果よりわかりはじめてきました。

研究結果によると、NK細胞は私達の”腸内環境を改善する”ことで増やしたり、活発にさせたりすることができるそうです。

腸内環境を改善する商品として思い当たるのがヨーグルトですよね。

癌の研究によると、ヨーグルトでも腸内環境を改善してNK細胞を増やせることがわかりました。
でも、ヨーグルトよりも茶麹を飲んだ方が2倍近くNK細胞を増やすことができたんです。

茶麹は腸内環境を良くすることに特化した商品ですので、NK細胞を活発にさせることができるんですね。

つまり、茶麹は癌に効果があるということがわかります。

とはいえ、現在の医学では癌を完全に消すことはできません。

茶麹が癌に効果があるといわれている理由は、癌の発生率を低くするところにあります。

癌の予防対策を何もしていない人より、茶麹を飲んでいる人の方がNK細胞が多くて活発です。

結果的にですが、茶麹を飲んでいた人のほうが癌になりにくくなります。

私達のカラダは、癌が見つかった又は癌になってからでは遅いんです。

癌になる前に対策しなければ手遅れになってしまいます。

大切な人の笑顔を奪ってしまう前に、茶麹で癌対策を始めてみませんか?

茶麹の効果について、具体的な内容はコチラの記事にまとめてあります。
よろしければ、あわせてお読み下さい。
>>茶麹の効果について大暴露します